スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬を迎えた後に気をつける事は?

犬のブリーダーから子犬がやってきた時の注意点として、子犬を迎える前に理解しておいた方がいいことがあります。

初めて子犬が過程に来るということは凄くうれしいことですし、楽しくてかわいいので色々と遊びたくなりますね。

しかし、遊ばせえ杉や食べさせ過ぎには注意しましょう。

親元を離れ新しい環境に移るわけですから、少しのストレスや疲労で体を壊してしまう恐れがありますので注意しましょう。

子犬は、長距離の移動の疲れやストレスが溜まってるので、3日間くらいはくらいゆっくり休ませてあげましょう。

特にお家に来たばかりの時には、緊張と疲れから食欲がないことも多いですから、遊び過ぎで興奮させてしまうと、低血糖症をおこすこともあります。低血糖は最悪の場合、命に関わることもあります。特に体の小さい小型犬の種類だと低血糖を起こしやすく、暫くは注意して見守ってあげる事が大事です。

また、お部屋の環境も整えておくことが大事ですね。

子犬は、好奇心旺盛でちょっとしたことが命取りやけがの元になりますので、部屋の中も私たち人間が意識しないことが子犬にとって危険になることもありますので、部屋を清潔に綺麗にしておきましょう。

また、ウンチは、健康のパロメーターですので下痢などチェックして、下痢が続くようなら獣医に検診しましょう。

ドッグフードを与えるときにも注意が必要で、ドッグフードは、現在食べているフードと同じモノを与えて下さい。というのも、劇的に環境が変わるタイミングですから、せめてフードぐらいは今まで慣れた食べやすいものをあげましょう。

トイレも決まった場所にできるようにきちんと覚えさせ、トレーニングさせることも大事です。

獣医さんを選ぶのも慎重の選び、近所のネットワークを活かして、地域で評判の獣医なども考えて選んでいきましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
検索フォーム
RSSリンクの表示
Tracked by ClickAider
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。