スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊川哲也さんのミニチュアシュナウザー

熊川哲也さんのわんこは『ミニチュア・シュナウザー』という種類の子です。

熊川哲也さんのミニチュア・シュナウザーは「こてつ」ちゃんという名前なんだって。熊川さんってイギリスのロイヤルバレエ団でプリンシパルとして活躍されてた方なので「こてつ」ちゃんという、純和風的な名前を付けられてる事がとっても意外に思いました。

最近バレエのお話を聞く機会が多かったから知っただけなんですが、熊川さんって日本人で初めてローザンヌ国際バレエコンクールで金賞を受賞された方なんです。ローザンヌ国際バレエコンクールというのは、スイスのローザンヌで毎年行われるバレエダンサーのコンクールなのですが、ここで入賞をすると世界の著名なバレエスクールに1年間の留学か研修生として参加する権利をもらえるので「世界で活躍をしたい」といったバレエダンサーの登竜門的なコンクールなんです。

1989年、金賞を受賞した熊川さんは素晴らしいほどの才能と想像出来ないくらいの努力をされたんだろうなと考えうと、私も頑張らなきゃ!って気持になります。

今回もちょっとズレちゃってましたがミニチュア・シュナウザーに戻します…

正確なルーツが分かっておりませんが、アーフェンピンシャー、スタンダード・シュナウザー、ジャーマン・プードルなどから作出されたと考えられているドイツ原産の犬種です。ネズミの狩猟犬や愛玩犬として活躍してきました。生まれた時には尻尾も長く、耳も垂れているのですが断尾や断耳をしてよく知られているミニチュアシュナウザーの姿になります。最近では断尾や断耳はしないといった方も増えておりますので尻尾が長く耳の垂れた子も見かけるようになりました。

【ミニチュア・シュナウザーの特徴】
◇外見◇
体格は小柄ながらバランス良く引き締まり、筋肉質です。被毛は柔らかい短毛が密生するアンダーコートの上にワイヤー状で硬いオーバーコートが被うダブルコート。毛色はソルト・ペッパー、ブラック、ブラック・シルバーなど。

◇性格◇
好奇心が強く、遊ぶ事が好きです。警戒心があり、勇敢で番犬に適しています。また、愛情深く、子供とも問題なく接する事ができます。また、規則正しい生活を何より好みます。また、他のテリア種の犬種と比較するとそれほど攻撃的ではありません。

【ミニチュア・シュナウザーの飼い方のポイント】
1日15分×2回の散歩が必要です。活動的な犬種ですが、長い散歩を好みますが、多くの運動量を必要としません。被毛は1週間に1~2回コーミング、2~3ヵ月に1回トリミングが必要です。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
Tracked by ClickAider
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。