スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二宮和也さんのフレンチブルドッグ

二宮和也さんのわんこは『フレンチブルドッグ』という種類の子です。

二宮和也さんのフレンチブルドッグは「ブー」ちゃんという名前なんだって。ニノが「ブー、ブー」って呼んで一緒に遊んでる姿が容易に想像出来ますね!

フレンチブルドッグは正確なルーツが分かっておりませんが、イングリッシュ・ブルドッグにパグやテリアを交配して誕生したと考えられおります。当初はネズミの駆除などで活躍していたが、上流社会や芸術家の間で愛玩犬として人気を博しており、日本では大正時代に紹介され、昭和初期には多数飼育されていたようです。

最近になってお散歩しているフレンチブルドッグちゃんとすれ違う事が多くなったように思うのですが、大正時代~昭和時代にはすでに日本で飼育されていたんですね( ̄□ ̄;)

実際に調べてみて大変勉強になりました…フレブルちゃんのことを知っているつもりで知らないことが多かったです。。。ごめんね。フレブルちゃん・゜゜・.(/□\*).・゜゜・

拙い知識を披露してしまって恥ずかしいのですが、フレンチブルドッグはギュッとしまった愛嬌のある体つきやコウモリの羽のような耳が特徴的ですが、私がお勧めしたいポイントはズバリ性格です!

フレブルちゃんは「陽気」で「愛情深い」性格なので、一緒に遊んだり、人に構ってもらう事に幸せを感じ、社交的で好奇心が旺盛ですので、わんこと一緒に遊びに行ったりしたい方にオススメです♪

それに、無駄吠えをする事が少ない子が多いのでペットの飼育が許可された集合住宅の方などにもオススメですよ~

【フレンチブルドッグの特徴】
◇外見◇
体格バランス良く引き締まり、体長が短い。コウモリの羽のような特徴的な耳を持つ。被毛は光沢があり柔らかい短毛。

◇毛色◇
タイガー・ブリンドル
 最も一般的な毛色。黒地に褐色の差し毛が入る。胸部が白い場合もある。

ブラック・ブリンドル
 ほとんど黒の単色。わずかに褐色の差し毛が入る。

ブルー・ブリンドル
 青みがかった灰色に褐色の斑点が入る。望ましい毛色ではない。

クリーム
 淡い色の単色。

フォーン
 やや褐色で、顔が黒くなる。

パイド
 白地に黒の斑点が入る。斑点は左右対称で大きい方が望ましい。

ハニー・パイド
 白地に褐色の斑点が入る。

ブルー・パイド
 白地に青みがかった灰色の斑点が入る。望ましい毛色ではない。

ティッキング・パイド
 小さな斑点が一面に入る。望ましい毛色ではない。

ブラウン
 茶色の単色。公認されている毛色ではない。

ブラック&タン
 最も珍しい。黒に茶色の斑点が入る。公認されている毛色ではない。

◇性格◇
社交的で好奇心旺盛、活動的で賢い。好奇心が旺盛で遊ぶ事が大好きです。また、愛情深く、飼い主に構ってもらう事に幸せを感じます。ブルドッグと異なり、多少はかくがいびきが少なく、動きが機敏です。

【フレンチブルドッグの飼い方のポイント】
毎日15分程度×2回の散歩が必要です。暑さや寒さに弱い為、夏は涼しい時間帯に冬は暖かい時間帯に運動を行う様心掛けましょう。太りやすい為、栄養管理が必要です。被毛の手入れは最低限行えば、問題ありません。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
Tracked by ClickAider
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。