スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬を迎えた後に気をつける事は?

犬のブリーダーから子犬がやってきた時の注意点として、子犬を迎える前に理解しておいた方がいいことがあります。

初めて子犬が過程に来るということは凄くうれしいことですし、楽しくてかわいいので色々と遊びたくなりますね。

しかし、遊ばせえ杉や食べさせ過ぎには注意しましょう。

親元を離れ新しい環境に移るわけですから、少しのストレスや疲労で体を壊してしまう恐れがありますので注意しましょう。

子犬は、長距離の移動の疲れやストレスが溜まってるので、3日間くらいはくらいゆっくり休ませてあげましょう。

特にお家に来たばかりの時には、緊張と疲れから食欲がないことも多いですから、遊び過ぎで興奮させてしまうと、低血糖症をおこすこともあります。低血糖は最悪の場合、命に関わることもあります。特に体の小さい小型犬の種類だと低血糖を起こしやすく、暫くは注意して見守ってあげる事が大事です。

また、お部屋の環境も整えておくことが大事ですね。

子犬は、好奇心旺盛でちょっとしたことが命取りやけがの元になりますので、部屋の中も私たち人間が意識しないことが子犬にとって危険になることもありますので、部屋を清潔に綺麗にしておきましょう。

また、ウンチは、健康のパロメーターですので下痢などチェックして、下痢が続くようなら獣医に検診しましょう。

ドッグフードを与えるときにも注意が必要で、ドッグフードは、現在食べているフードと同じモノを与えて下さい。というのも、劇的に環境が変わるタイミングですから、せめてフードぐらいは今まで慣れた食べやすいものをあげましょう。

トイレも決まった場所にできるようにきちんと覚えさせ、トレーニングさせることも大事です。

獣医さんを選ぶのも慎重の選び、近所のネットワークを活かして、地域で評判の獣医なども考えて選んでいきましょう。
スポンサーサイト

良いペットショップとは?

ペットショップのショーケースから購入するのは、子犬の健康、情緒面の成長を考えれば、あまりお勧めできませんが、どうしても店舗型のショップから購入する場合は、以下のチェックを行ってみてください。

まずは、この店の仔犬はブリーダーさんから直接直送されるのかということが大事です。

答えられないようなペットショップは勿論ダメで、ブリーダーさんから直送ですというペットショップは安心で、。さらに念のため、度胸のある方は「育てた方と話してみたいんですけど」といってみる。たいてい店員はそんなことまで聞かれるとは思っていないので、うそついている店ならおろおろするはずです。

ペットショップは、自家繁殖の場合もあり、悪くはないですが、市街地近くのペットショップでは環境がいいとはいえないですね。

できれば、母犬に合わせてもらえるか聞いて、後ろめたいことがあれば、合わせないはずですから注意しましょう。

さらに、犬が生後何日目でここに来たのも聞いてみて、生後42日~60日にブリーダーから直納していればオッケーで、中間流通を通ってないことも確認しましょう。

ワクチンが何日目に摂取しているかも大事で、たいていのペットショップは、なじみの動物病院があり、必要があればそこでワクチンを打つのですが、大量に子犬を仕入れて大量にさばくような大型の不良ペットショップでは、効率を良くするために生後35日くらいでもく「子犬が到着した順にすぐにワクチン」という感じで接種してしまうことがあるので、ワクチン摂取をした時期も大事です。

以上の3点の基準をクリアしているペットショップなら安心できるペットショップと言えるでしょう。

ペットショップもブリーダー直納だけのペットショップは全体から少ないですが、優良なペットショップで犬を購入するのが大事ですね。

良いブリーダーを探すポイントとは?

犬のブリーダーは、不良なブリーダーやペットショップなどがあり、どのように見破ることがあるでしょうか。

初めて仔犬を飼われる方や購入しようとしている方はよく見ておいたほうがいいかもしれませんね。

犬のブリーダーでも不良なブリーダーやペットショップがあり、20万円以上する高価なチワワなどの純血種を購入してから一ヵ月もたたない間に死亡してしまい、金銭的なトラブルになるようなケースもあるのです。

犬や猫など ブリーダーから購入することも少ないですし、ペットを買うこと自体も一生のうちそう何回もあることではないので、知識もなく売る側のいいなりになってしまうケースが多く、業者側で悪気がなくとも、説明不足や誤解によるトラブルが後々とても発生しやすいのです。

優良なブリーダーから購入するのが良いのですが、不良なブリーダーやショップから購入しないように初心者が犯しやすい間違い、また優良ブリーダーを見分ける簡単な方法を知りましょう。

ブリーダーから直接購入するような場合には、話をかけて、目当ての子犬がいるかどうか、出産予定があるかどうかなどを問い合わせして、3点ほどの質問をしてみましょう。

まずは、見学はできますかと聞いてみて、質問にYESとお応えるブリーダーなら、酷いブリーダーではないでしょう。

不良ブリーダーの場合は、犬舎を清潔にしたり環境のケアなど無駄な費用をかけないため、とてもお客に見学などさせられないからです

この質問に対して、間髪入れずにOKを出してくれるような犬のブリーダーさんなら、後ろめたいことはなく、見てもらっても清潔でよい環境であることに自信があるのでしょうから、安心してもよいでしょう。

さらに、いつ犬の譲渡をしてくれるのか質問してみましょう。

生後42日~48日ならば、合格ですね。さらに、48日~60日ならば、最適で、一般的な良心的なブリーダーさんと言えるでしょう。

そして、さらに、ワクチン摂取をお願いしたいのですが、証明書をもらえますか?と質問しましょう。

不良ブリーダーならワクチン接種なんて無駄なことは考えてもしませんから、不良なブリーダーかどうかを見極めるのにとても効果があります。

このような、3つの質問をクリアするブリーダーさんなら安心できるブリーダーさんですから、安心して犬の購入の話を進めていきましょう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
Tracked by ClickAider
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。